マネーフォワード電気をシミュレーションするには?算出方法を徹底解説!

マネーフォワード電気をシミュレーションするには?算出方法を徹底解説!

マネーフォワード電気に
シミュレーション機能はありません。

シミュレーションするなら
あなたの手で計算する必要があります。

計算方法を写真付きで解説したので
電気代が安くなるか知りたい方は
ぜひ最後までご覧ください。

地域ごとの単価表もあり!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
✅関連記事
>>新電力のおすすめは?各会社を徹底比較!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次

マネーフォワード電気はシミュレーション機能がない!

マネーフォワード電気の公式サイトには
シミュレーション機能がありません。

シミュレーションするなら
あなたの手による計算が必要です。

マネーフォワード電気を手動でシミュレーションする方法

マネーフォワード電気を手動で
シミュレーションする方法がこちら。

1.検針票を用意
2.4つの数字をメモする
3.単価をチェックする
4.電気代を算出する
5.シミュレーション完了

1.検針票を用意

まずは検針票を用意しましょう。

電気代を算出する材料になります。

2.4つの数字をメモする

検針票が用意できたら
4つの数字をメモします。

・基本料金
・電力量料金
・電気使用量
・アンペア数

3.単価をチェックする

以下に単価表をまとめました。

北海道なら北海道、中部なら中部。

あなたの住むエリアに目星をつけましょう。

あとで電気代の計算に使います。

単価の参考サイト:シンエナジー 公式サイト

目星をつけたらいよいよ計算!

4.電気代を算出する

電気代の計算式はこう!

電気代=基本料金+電力量料金

基本料金は”アンペア数との照合”
電力量料金は”電気使用量×単価”
で計算できます。

最初にメモした数字をここで使いましょう。

5.シミュレーション完了

以上でシミュレーション完了です!

今の電気代より安くなっていましたか?

高くなっていた場合は
マネーフォワード電気に
切り替える必要はないでしょう。

逆に、安くなっていたなら
今すぐ切り替えたほうがいいですね。

シミュレーションして安ければ切り替えよう!

これまでの情報をまとめると、、、

・マネフォに自動計算の機能なし
・検針票を用意して計算しよう
・安ければ切り替える価値あり
・マネフォは特典も最高!

電気代が安かったなら
マネーフォワード電気に
切り替える価値ありです。

さらに、有料の家計簿アプリが無料になり
年額5,300円がタダになるのでおすすめ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
✅関連記事
>>新電力のおすすめは?各会社を徹底比較!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる